スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Advisor? Adviser? -長年の謎が解決

国際機関の親分の足を洗った後、moneypennyの会社に
招聘役員として就任したM(現在のMとは別人)を担当していた頃。

とある国際会議の事務局から1本の英語の電話がかかってきました。
「M氏の役職は、erのadviserか、orのadvisorか、どちらか?」

えーと、えーと、(名刺の裏を確認)…

「erのadviserでござる。何か問題があろうか?」
(丁寧な英語を使おうと思って、たぶんこんな言葉に)

「何も問題はありません。どちらの綴りもあるので確認まで。
 登録は正確に行いますので、ご心配なく。
 あなたのボスの参加を心待ちにしております。」
と、丁寧に電話は切れました。

何度かこのようなやりとりがあったと記憶しております。

moneypennyの会社では、規定で、
英語の役職の綴りも決まっています。
しかし、日本で「顧問」という役職の人の名刺の裏を見ると、
AdvisorもAdviserも混在しているようです。

この違いは何?と、調べると、
「Adviser=英語、Advisor=米語」と一般的に言われている様子。
なるほどー、と納得しておりましたが、なんとなくモヤモヤ。

長年のモヤモヤが、
日向清人先生の「ビジネス英語雑記帳」2010年1月21日付『Advisor? Adviser?』で解決。
感激して、コメントしました。

先生からお返事コメントまであり、至極恐縮。
興奮のあまり、改行も1か所ヘンテコ。お許し下さい。
確かに「カウンセラー」、辞書では訳がありますが、何か違う。

日向先生の新刊。
ドラえもんのアンキパンで頭に入れたい。


最近ではTOEICの綴りですら不安なmoneypennyでした。
(とえいっく、と、つぶやきながらタイプ)

■不憫に思われましたら、
 下のふたつを凸クリックお願いします。

↓東京都の情報イロイロ。
人気ブログランキングへ

↓丸の内のご近所情報。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大手町・丸の内・八重洲・有楽町・日比谷情報へ

スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneypenny

Author:moneypenny
マニーペニー
丸の内のはじっこに生息。
このへっぽこブログは
オサレな丸の内OLブログとは
かけ離れております。
整理整頓と掃除と白いもの好き。

ツイッター忘れたころにつぶやきます。


Mis. Moneypenny, the 007.
From Marunouchi, Tokyo with love.

● moneypenny:本人
● M:ボス。
 (歴代ボスをひっくるめることもあり。
  特定の人物ではありません)

● 夫: james MI6には勤めず。
● 娘: dora
● 息子:george

検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。